火災保険の利用

火災保険ってどんな時に使用できるのか?

「火災保険」は、火事で家が燃えてしまったときに補償(保険金をお支払い)しますが、火災保険で補償が適応されるものは「火災」だけではありません。
例えば、雷が落ちて電化製品が壊れたなどの”落雷”による損害、台風で瓦が飛んでしまった場合などの”風災”による損害や、洪水で床上浸水した場合などの”水害”などの自然災害による損害や、排水管が詰まり床が水浸しになった場合の”水濡れ”、窓を割られて空き巣に入られたときの”盗難”などの日常生活における様々な事故が対象となております。

火災保険の補償をしっかりと理解しよう

火災保険の補償は使用したことがない方がほとんどで、

先程も説明はしておりますが"火災"だけではなく"災害"関係全般に的に対応が可能となっております。

「でも、1年前のことだから、、、」諦める事はないですよ。

火災保険は過去に遡って補償を受けることができます。

該当する方で自分ではどうしたらいいのかわからない方はArukuにご相談ください。

補償でリフォームができてしまうケースもありますのでお気軽にご相談ください。